facebook twitter
ようこそゲスト様
食
衣
暮
趣
他
生産者紹介 大場硝子加工所
表の見方    1 所在地 2 名前 3 店舗名 4 職業 5 おすすめ商品 6 生年月日 7 星座 8 座右の銘 
東京都
大場和十志さん
大場硝子加工所
江戸切子職人
天開タンブラー 〜胡麻入縦筋文様〜
1970/08/04
しし座
頑張る
大場硝子加工所をブックマーク

私のこだわり

・製作にあたり気をつけているポイントは?

いつも、ついつい使ってしまうような、使い勝手のよさですね。
それは、飽きのこないデザインということであったり、飲みやすい、持ちやすいデザインであったり、ジュース、冷茶、お酒となんにでも使えたり、ということです。
毎日の食卓で、マイグラスとして楽しんでもらえる江戸切子、ということを常に心がけています。

・メッセージはありますか?

いつもそばに置いて、楽しんで頂けたら嬉しいですね。
お客様に喜んでもらえることを第一に、一点一点、丁寧に手作りしています。
使いながら、ほほえましくなるような、楽しい江戸切子を作っていきたいと思います。

生産者の横顔

丁寧に手作りされる、「柔らかい」「優しい」江戸切子

生産者の大場和十志さんは、江戸切子の二代目を継ぐ若手職人です。
「父の代から54年、二代にわたり江戸切子を作っています。
父の作る江戸切子を見ても、江戸切子は素晴らしいものだとあらためて思います。毎日の食卓で、江戸切子を楽しんでもらえたら嬉しいですね。」

そんな大場さんの作る江戸切子は、お客さんから「柔らかい」「優しい」と言われることがよくあるそうです。
「暖かみがあって、つい使ってしまう、ということを言われることがあります。そんな時は本当に嬉しいですね」

そう話す大場さんからは、文字どおり「柔らかい」「優しい」雰囲気が伝わってきます。

日本の風物を映し出す、江戸切子

そんな大場さんの座右の銘は「頑張る」。

「日本の風物を映し出すような江戸切子も作っていきたいと思います。
がむしゃらに努力して、江戸切子を作り続けたいですね!」

人に喜ばれる「優しい」、そして日本の風物を映し出す江戸切子を、がむしゃらに作り続ける大場さんの挑戦は、今日も続きます。

この生産者の商品一覧

  | 1 |
| 1 |
匠の箱トップページへ 匠の箱トップページへ