facebook twitter
ようこそゲスト様
食
衣
暮
趣
他
生産者紹介 工房たか
表の見方    1 所在地 2 名前 3 店舗名 4 職業 5 おすすめ商品 6 生年月日 7 星座 8 座右の銘 
東京都
石原孝子さん
工房たか
アートブラストガラス作家
 
1949/04/16
おひつじ座
1日を大切に
工房たかをブックマーク

私のこだわり

☆製作する時に心がけていらっしゃることは何ですか?

出会いを大切に丁寧に作ることですね。
私は、女性の視点から見て、使いやすい器を作っていきたい。
生活の中で、どんどん使ってほしいんですね。

だから、アートブラストグラスの素材も、国産の色被せガラスか、または品質が安定している海外のブランドのガラスに絞って製作しています。

またデッサンを描くところから、仕上げまで、全部自分で行って、磨いて仕上げるときにも薬品を使わず、サンドペーパーで磨きます。

食器は口につけるものなので、安心安全ということは、いつも心がけていますね」(石原さん)

☆サンドブラストの中でも、独自の技法を追求していらっしゃいますね。

ガラスに限らず、蒔絵の技法から立体感を、宝飾の方から想像性を教えて頂いたり、彫金の技術を参考にした技法もあります。色々な職人さんの技から勉強させて頂いて、ほんとうに色々な方に、支えられているなと思いますね。

生産者の横顔

☆優しい、心癒されるアートブラストガラス

石原さんのガラス作品は、優しいグラスと言われることが多いそうです。

「楽しいときも、けんかした時や悲しい時も、心に添っていけるようなグラスでありたいですね。一つ一つ大切に一生懸命に作ったグラスですので、それで、心癒される時間を過ごして頂ければ嬉しいです。」

☆伝統工芸展入選!入選歴多数

生産者の石原孝子さんは、格式ある日本工芸会の伝統工芸諸工芸部会展に入選されたほか、数々のコンテストに入選していらっしゃいます。


2005 世界らん展入選
   金沢もの器展入選
2006 伊丹国際器展(2点)
   金沢もの器展
   大阪工芸展
2007 大阪工芸展
2008 大阪工芸展
   金沢もの器展(3点)
2009 第一美術公募展(2点)
   伝統的工芸展
2010 第一美術公募展
   伝統的工芸展(2点)
2011 伝統的工芸展(2点)各入選
2012 国際アート展 ローマ、韓国出展
2013 テーブルウェア(東京ドーム 生徒入選)
2014 ニューヨークギャラリィー出展
2015 伝統工芸展入選 



「アートブラストガラスでの入選は、珍しいことだとよく言われます。
アートブラストの価値を、もっともっと高めていきたい、その一心で頑張っている一人です。」(生産者の石原孝子さん)


☆座右の銘は「一生懸命」「1日を大切に」

石原さんは、ご自身で、ガラスを吹くこともあるそうです。
よく火傷をするんですよ、と、火傷のあとを見せてくださいました。

「毎日、1時間、散歩するのですが、そこで出会った草花や、心に残る風景が、すべて製作のヒントになります。」

「お茶をして、落ち着いている時に、いいアイデアが浮かぶんですよ。
私はね、アートブラストガラスと、お茶のことしか分からないの。」

「そぎ落として、残ったところに、本当の美しさがあると思うわ」

石原さんの言葉からは、ものやわらかな物腰の奥にある、アートブラストガラスに対する熱い情熱が感じられます。

今日も、石原さんは、ありのままの自然体で、愛されるアートブラスト作品を追求していることでしょう。

この生産者の商品一覧

  | 1 |
| 1 |
匠の箱トップページへ 匠の箱トップページへ