facebook twitter
ようこそゲスト様
食
衣
暮
趣
他
生産者紹介 柿渋Houseみます
表の見方    1 所在地 2 名前 3 店舗名 4 職業 5 おすすめ商品 6 生年月日 7 星座 8 座右の銘 
京都府
三桝武男さん
柿渋Houseみます
柿渋生産者
敷パッド(両面柿渋染)100cm×200cm
1931/11/30
いて座
柿渋一筋
柿渋Houseみますをブックマーク

私のこだわり

〇こんなに柔らかい柿渋染めは初めて!私も愛用しています。

〇柔らかい風合いの柿渋染め、というのは私の念願でした。

京都エコスタイル製品認定証「今まで、液状柿渋で染めた柿渋染めは、ゴワゴワした硬い感じのイメージがありましたが、試行錯誤の末、渋味成分の多い「天王柿」から搾汁した「柿古渋」と、私が開発した顆粒柿渋(平成20年度に京都エコスタイル製品に認定)で染めることにより、柔らかい柿渋染めが可能になりました。出来上がった時は、嬉しかったですね。そうやって初めて、寝具や靴下、ショールなどにも、柿渋の良さが活かせるようになりました。」




〇柿の実から育てていらっしゃるのですか?

京都山城地方で、柿の実を育てるところから、柿渋製品を作っています。
「私の作る柿渋は、高タンニンの含有する天王柿、鶴の子柿などを原料として使用しています。
天王柿は、ゴルフボール状の小粒の渋柿で、タンニン含量が最も高く(渋味が最も強く)、柿渋の原料としては最高のものです。京都山城地方では、先人がお茶と共に渋柿を増殖し、品種改良を重ねた歴史があり、柿渋造りに最適な「天王柿」の産地、そして日本の代表的な柿渋の産地として今日に至っています。」
天王柿
天王柿の実、収穫時の負担が軽減されるように木の高さを人の手の届く高さになるよう育成



〇メッセージはありますか?

柿渋の「秘めたるチカラ」を実感して頂ければ嬉しいです!

柿渋は、日本の伝統的な天然塗料・染料そのものです。柿渋の歴史について、古くはわかりませんが、正和4年(1315年)の「紀伊神野・猿川・真国荘荘官連署起請文」には、柿渋を川に流し魚を獲る「柿流」が記載されています。
昔の生活用具は、紙や木などの自然素材で 出来ていたため、消耗、腐食しやすく、その防止のため、一般的に使われたのが柿渋です。
紙や繊維製品に塗ることで、繊維の表面に強靭な皮膜ができて強固 になり、防水機能も持たせることができました。
また、糊に混ぜたり、紙どうしの貼り合わせに塗ったりと、接着剤としても利用されました。
防虫効果もあるので、地方によっては柱や屏風の保存用の袋に塗ったりしています。
また、 二日酔いの防止などの民間医療としても利用されました。効能はマムシの抗毒、火傷、あかぎれ中風や高血圧です。
戦後になると、化学製品の普及でかつて程の需要はなくなりましたが、新たに酒類・調味液類清澄剤としての機能が注目されています。
さらに、その抗酸化作用から、最近では化粧品素材への利用など、新たな分野からも、柿渋がもつ機能が注目されつつあります。
また、柿渋タンニンは優れた消臭効果を持っており、悪臭成分の中和・包括、分解して消臭効果を発揮し、室内環境を改善します。また、口中の消臭・清涼剤としてガムやグミキャンディーなどの食品にも利用されています。
「そういった、柿渋の秘められたチカラを、お客様に実感してほしい。
先人が築いてこられた柿渋を、日本の文化として未来に継承することは、私の大切な使命だと思っています。」
柿の畑と三桝さん

生産者の横顔

〇今までにない、柿渋づくり!

柿の苗木三桝さんは、家業の三代目として柿渋造りを学び、原料柿の苗木づくりから、渋柿農園の育成、すべて自分の手で育て、60余年柿渋一筋に励んできました。伝統の柿渋造りはもとより、ニーズにマッチした柿渋染め製品を多くの方々に実感して頂くために、今までにない、柔らかい風合いの柿渋染めの寝具など、柿渋の新しい商品化に取り組んでいます。
その技術が認められ、平成24年度には、京都エコスタイル製品に認定されました。(京都エコ・エネルギー推進機構)





◎昭和20年代後期、化学染料全盛の時代に「なにくそ!」

昭和20年代後期になると、化学塗・染料をはじめ、繊維はナイロン、ビニロン、更にはプラスチック等化学製品が広く普及するようになり、天然素材である柿渋は苦境の時代を迎えました。
「その時は、かえって『なにくそ!』と思いましたね。柿渋には、素晴らしい「ちから」がある。そのチカラを利用して、新しい市場を自分が開拓するしかない、という気持ちでやってきました。私は高校を卒業して家業の柿渋造りを学び始めた時でしたので、心淋しい思いをいたしました。しかし、健康志向で天然素材が見直される時がくるだろう、と心に期待を込めて頑張ってきました。近年、柿渋は、塗・染料だけでなく食品添加物として、酒類・調味液類清澄剤や食品原材料・健康補助食品としてご活用頂くことになりました。その時にご指導やご協力頂いたたくさんの方々に、心より感謝しています。それを励みに今も現役を続けられております。」(三桝さん)

◎柿渋一筋、60余年以上!

三桝さんに、「お休みの日は、何をしているのですか?」と伺うと、「渋柿農園に行きます!」というお返事(!)が返ってきました。
それでは、お休みがないのでは?と言う私に、「楽しいですよ〜、柿の木が育っているのを見るのは」と満面笑顔の三桝さん。

柿渋一筋、60余年ー。その柿渋には、柿渋を未来につなげんとする、作り手の魂がこもっています。

柿の苗木
「桃栗3年、柿8年」という言葉どおり、結果が出るまでに8年の歳月がかかる柿の木だが、三桝さんは現在でも研究開発に余念がない

この生産者の商品一覧

  | 1 |
| 1 |
匠の箱トップページへ 匠の箱トップページへ