匠の箱きせつとこうげい
facebook twitter
ようこそゲスト様

ヴィーナス椀 刷毛根来 刷毛目塗り【越前漆器】

ヴィーナス椀 刷毛根来 刷毛目塗り【越前漆器】商品写真

価格:18,000円 + 税

※上記の「カゴに入れる」ボタンを押しても商品購入の決済とはなりません。
■発送予定期日:通常1週間以内に発送、在庫の無い場合は2ヶ月以内に発送
■送料: 送料無料です。
■配送業者:クロネコヤマト
■お支払い方法代引/コンビニ/クレジットカード
■サイズ:直径15cm×8.8cm  
■重量: 
■返品・交換について:こちら
■お問い合わせ:takuminohako@gmail.com

抗菌効果も使い勝手も◎!本漆の質感が光る越前漆器

本漆の抗菌効果も高く、丈夫でお手入れも簡単な越前漆器です。

本漆製品は、昔から抗菌効果が高いことで知られています。
食卓に並べても抗菌作用が続き、また、お弁当箱で常温保存する際にも、しっかり抗菌してくれます。また、軽く、熱も伝わりにくい分、熱いものを入れても持ちやすいので、お子様やお年寄り、ご家族でお使いになるのもおすすめです。

また、木地に直接、生うるしを塗り、吸い込ませる「木固め」をした後に、何回も本漆を塗り重ねて作られていますので、丈夫で、お手入れも簡単!

「丈夫で使いやすい漆器を作り続けて20年になります。天然漆の漆器は生き物です。大切に使い込むほどに光沢を増し、素晴しい味わいが出てきますので、長く楽しんで頂けたら嬉しいですね。」(山岸さん)

毎日使うものだから、抗菌効果も、使い勝手も◎の本漆の漆器を使ってみませんか?

素材:本漆塗り 天然木



※写真と現物でカラーが若干異なる場合がございます。あらかじめご了承ください。

本漆の漆器は、千年以上続く日本伝統の抗菌グッズ!

本漆製品は、昔から抗菌効果が高いことで知られ、はるか縄文時代から、塗料や接着剤として使われてきました。
「本漆塗りの器は、抗菌性、安全性、堅牢性、耐熱性に優れた食器として、長く、日本人の生活に親しまれてきたんです。本漆の器は、古くて新しい抗菌グッズなんですよ」(山岸さん)
本漆の食器は、食卓に並べてからも、また、お弁当箱で常温保存する際にも、抗菌作用が続きます。また、軽く丈夫で、熱いものを入れても持ちやすいので、お子様やお年寄り、ご家族でお使いになるのもおすすめです。

長く愛用できる理由

この越前漆器は、木固めされているので、とても丈夫です。木固めというのは、木地に直接、生うるしを塗り、吸い込ませることです。木地に下地(漆に地の粉やとの粉を混合して塗る)をぬる前に木固めをすると下地の密着がよく、はげにくく丈夫になります。

「作り手としては沢山、漆が入って、原価は高くなります。でも私が漆器の丈夫さを研究した時、この木固めは絶対すべきだとの結論に達し、木製の全部の器や鉢、膳などこの工程をしております。この後何回も塗り重ねしますが、最初のこの木固めが最重要と私は考えています。」(山岸さん)


お手入れ簡単!

陶器と同じように、柔らかいスポンジで洗ってください。

※油ものを使った時は、洗剤を使って頂いても大丈夫です。
※後で布きんで水気を取ると長持ちしますが、茶碗をかごに伏せて置くように、お椀の洗いざらしを伏せておいても大丈夫です。

「長く湯水につけたり、直射日光に長時間あてたり、電子レンジやオーブン、食洗機などに使用することさえなければ、普通に使って頂いて大丈夫です。よく漆器の取り扱い方で、完全に水気を取って下さいと書いてあるのは、正月のみ使うような器で一年間使わない場合の片付け方です。毎日使うものはそんなに気にしなくていいですし、また、なるべく箱などにしまわないで、食器棚に飾って置いた方が漆器にはいいんですよ。なにしろ呼吸していますから。何かあったら、修理もできますので、とにかく、ドンドン使ってみてください。」(山岸さん)


<漆(うるし)の豆知識>


〇天然の本漆と科学塗料の違いは?

漆は漆の木の樹液で、天然の液体です。
科学塗料は、分子を科学的に合成させて作った化合物です。昨今、技術の進歩で、漆に近い分子構造の塗料も開発されて来ましたが、どうしても天然漆のような複雑な組成は出来ません。
漆の乾燥には、酵素の働きを活性化させる適当な温度と湿度が不可欠ですが、反面、いったん乾燥した漆は、比類ない耐久性と美しさをもった塗膜となります。

〇採集の仕方は?


漆の採り方は、漆の木を植えてから10年程たち、直径10cm以上になると採取します。
6月中旬から10月下旬にかけて、朝の4時頃から、5日間ごと傷を付け、1つの傷から一滴の漆をとり、何十本、何百本もの漆の木から採取して、終わったら全部、伐採してしまいます。
つまり、10年育った漆の木は、1年で漆液がとられ、役目は終わる訳です。漆は大変貴重なものです。

【漆掻きに使用する道具】
タカッポ
採取した漆液を入れる。近年「カキタル」という呼称が普及している。ホウノキ皮材。


漆鉋(うるしかんな)
荒皮を削って平滑になった漆の幹にキズをつける。単に「カンナ」ともいう。


漆鎌(うるしかま)
皮剥用の鎌。漆の木の表面を削って滑らかにする。単に「カマ」ともいう。


掻篦(かきへら)
キズから滲みでた漆液を採取する。単に「ヘラ」ともいう。


〇漆の植培と育苗は?

漆の育苗には次のような方法があります。 一つは種子から育てる方法、もう一つは既存樹の伐根からバエ(萌芽)を出せさせて木を更新する方法です。

このほかにも根を分けて苗木をつくる方法などもありますが、現在は播種(はんしゅ)による育苗が主となっています。


〇漆はどのようにして乾くの?

一般的には、高温で空気が乾燥している状態で乾くと思われがちですが、漆の場合は、湿気の多い所が良く、水分の多い空気中から酸素を取り入れ、固まります。
実際は、漆風呂という湿度の高い戸棚に入れて、乾燥させます。
上塗りの場合、乾燥するまでに12〜24時間かかるので、漆がたれないように、回転風呂を使用します。


〇漆の色は何色?

飴色の半透明です。
黒漆は鉄分を加えて作ります。朱漆や、黄、緑、青、などの色漆は、その色の顔料をまぜて作ります。しかし、ポスターカラーのようなカラフルな色は出せません。
漆そのものが透明ではないので、白漆にしてもベージュに近い白色になります。又、漆は時間がたてばたつ程、乾燥し、硬化し、そして色が明るくでます。同じ朱漆で塗っても、乾燥して一日後の色と一ケ月後、半年後の色では異なります。

〇使うほど、良い色になる!

漆は、漆の木からとれる樹液であり、生きています。塗りあがり、乾いて固まった後も呼吸し続けており、いつまでも変化するのです。

「天然漆の漆器は、使えば使うほど味が出てきます。漆に似せた塗料の場合、色は変化しません。劣化していくのみです。
それに比べ、本漆は、色の変化と共に、深い艶も出てきて、もう手放せなくなりますよ。」(山岸さん)

お買い物の手引き
匠の箱によせられるよくある質問です。
FAX
bookmark
< その他 山岸厚夫商品 >
レンゲ(赤色一本) 刷毛根来 刷毛目塗り【越前漆器】
レンゲ(赤色一本) 刷毛根来 刷毛目塗り【越前漆器】
仙才汁椀 刷毛根来 刷毛目塗り【越前漆器】
仙才汁椀 刷毛根来 刷毛目塗り【越前漆器】
取皿4.5 刷毛根来 刷毛目塗り【越前漆器】
取皿4.5 刷毛根来 刷毛目塗り【越前漆器】
本漆塗り二重ステンレスタンブラー 刷毛根来 刷毛目塗り【越前漆器】
本漆塗り二重ステンレスタンブラー  刷毛根来 刷毛目塗り【越前漆器】
カレースプーン(黒色一本) 刷毛曙 刷毛目塗り【越前漆器】
カレースプーン(黒色一本) 刷毛曙 刷毛目塗り【越前漆器】
四角二段弁当箱 刷毛根来(赤)【越前漆器】
四角二段弁当箱 刷毛根来(赤)【越前漆器】
ティースプーン(黒色一本) 刷毛曙 刷毛目塗り【越前漆器】
ティースプーン(黒色一本) 刷毛曙 刷毛目塗り【越前漆器】
刷毛汁椀 刷毛根来 刷毛目塗り【越前漆器】
刷毛汁椀 刷毛根来 刷毛目塗り【越前漆器】
刷毛汁椀 刷毛曙 刷毛目塗り【越前漆器】
刷毛汁椀 刷毛曙 刷毛目塗り【越前漆器】
取皿4.5 刷毛曙 刷毛目塗り【越前漆器】
取皿4.5 刷毛曙 刷毛目塗り【越前漆器】
酒盃 刷毛曙 刷毛目塗り【越前漆器】
酒盃 刷毛曙 刷毛目塗り【越前漆器】
椿皿 刷毛根来 刷毛目塗り【越前漆器】
椿皿 刷毛根来 刷毛目塗り【越前漆器】
ティースプーン(赤色一本) 刷毛根来 刷毛目塗り【越前漆器】
ティースプーン(赤色一本) 刷毛根来 刷毛目塗り【越前漆器】
仙才汁椀 刷毛曙 刷毛目塗り【越前漆器】
仙才汁椀 刷毛曙 刷毛目塗り【越前漆器】
四つ椀応量器(赤色) 刷毛根来 刷毛目塗り【越前漆器】
四つ椀応量器(赤色) 刷毛根来 刷毛目塗り【越前漆器】
刷毛多用椀 刷毛曙 刷毛目塗り【越前漆器】
刷毛多用椀 刷毛曙 刷毛目塗り【越前漆器】
酒盃 刷毛根来 刷毛目塗り【越前漆器】
酒盃 刷毛根来 刷毛目塗り【越前漆器】
四角二段弁当箱 刷毛曙(黒)【越前漆器】
四角二段弁当箱 刷毛曙(黒)【越前漆器】
カレースプーン(赤色一本) 刷毛根来 刷毛目塗り【越前漆器】
カレースプーン(赤色一本) 刷毛根来 刷毛目塗り【越前漆器】
六つ椀応量器(黒色) 曹洞宗 時代黒 刷毛目塗り 【越前漆器】
六つ椀応量器(黒色) 曹洞宗 時代黒 刷毛目塗り 【越前漆器】
四つ椀応量器(オレンジ色) 刷毛古根来 刷毛目塗り【越前漆器】
四つ椀応量器(オレンジ色) 刷毛古根来 刷毛目塗り【越前漆器】
四つ椀応量器(黒色に赤い筋模様入り) 刷毛曙 刷毛目塗り【越前漆器】
四つ椀応量器(黒色に赤い筋模様入り) 刷毛曙 刷毛目塗り【越前漆器】
5寸取皿 古代根来 刷毛目塗り【越前漆器】
5寸取皿 古代根来 刷毛目塗り【越前漆器】
レンゲ(黒色一本) 刷毛曙 刷毛目塗り【越前漆器】
レンゲ(黒色一本) 刷毛曙 刷毛目塗り【越前漆器】
ヴィーナス椀 刷毛曙 刷毛目塗り【越前漆器】
ヴィーナス椀 刷毛曙 刷毛目塗り【越前漆器】
本漆塗り二重ステンレスタンブラー 刷毛曙 刷毛目塗り【越前漆器】
本漆塗り二重ステンレスタンブラー  刷毛曙 刷毛目塗り【越前漆器】
生産者写真
丈夫で使いやすい漆器を作り続けて20年になります。天然漆の漆器は生き物です。大切に使い込むほどに光沢を増し、素晴しい味わいが出てきますので、長く楽しんで頂けたら嬉しいですね。
生産者紹介ページへ