facebook twitter
ようこそゲスト様
食
衣
暮
趣
他
匠の箱 倉田製作所
江戸本手打毛抜き
匠の箱 みちのく蔓工芸所
山ぶどう蔓バッグ
匠の箱 大矢製作所
純銅おろし金
匠の箱 エコアス馬路村
木のバッグ
匠の箱 中屋雄造鋸店
房州鋸
匠の箱 寺島保太良商店
京都金銀糸
匠の箱 淡路梅薫堂
線香
匠の箱 木曽木材工業
木曽さわらおひつ
匠の箱 柿渋Houseみます
柿渋染め寝具
匠の箱 豊田すだれ店
江戸すだれ
匠の箱 小宮商店
江戸傘
匠の箱 フジソウ
スウェット
匠の箱 富貴堂
鎚起銅器
匠の箱 福田刃物
カスタムナイフ
匠の箱 春日部張子
張子人形
匠の箱 砧工房
絹ぼかし染め
匠の箱 べっ甲屋田川
べっ甲
匠の箱 わたなべ木漆工房
漆器
匠の箱 うるし工房錦壽
刷毛目塗り
匠の箱 梶田象牙
象牙
匠の箱 末吉籃胎漆器
久留米籃胎
匠の箱 山田木綿
会津木綿
匠の箱 キャストプランニング
腕時計
匠の箱 柿芝農園
梅干し
匠の箱 磯沼ファーム
ヨーグルト
匠の箱 本田製麺
本田麺
匠の箱 白亜ダイシン
トマトジュース
庄川挽物木地 天然木漆器 ミニコーヒートレー商品写真
価格:3,800円 + 税

※上記の「カゴに入れる」ボタンを押しても商品購入の決済とはなりません。
■発送予定期日:通常2週間以内に発送
在庫がない場合は2ヶ月以内に発送
■送料: 別途送料がかかります(送料について
■配送業者:クロネコヤマト
■お支払い方法代引/コンビニ/クレジットカード
■サイズ:幅 約22cm× 奥行 約15僉 漾々發機〔1.8
■重量: 
■返品・交換について:こちら
■お問い合わせ:takuminohako@gmail.com

庄川挽物木地 天然木漆器 ミニコーヒートレーパッケージ写真

毎日使えて、お手入れ簡単!天然木の感触優しいミニコーヒートレー

コーヒーカップとちょっとのお菓子をのせて。
お客さんにだしていただいても良いし、3時のおやつの時間に自分の為に使うのにもちょうどいい。
欅の杢目を活かしたシンプルなデザインなのでとても使いやすいです。
漆塗りなので、シミが付いたりする事もなく、中性洗剤で洗っていただいて大丈夫です。
月忌参りなどでお坊さんにお布施を渡す時に使うお盆として使っていただく事も多いです。


素材:欅
塗装:漆(拭漆)
大きさ:幅 約22cm× 奥行 約15僉 漾々發機〔1.8

「食卓に、木の食器が並んでいるのは、いいものですよ。
木の食器が並んでいるだけで、暖かい雰囲気が部屋中に伝わりますし、手に取った時の、ぬくもりある感触も、プラスティックの器では味わえません。また、使っている時も、他の食器と異なり、木の食器は優しい音をたててくれます。木の食器は、食卓に心地よい空間を演出してくれますよ。」
(生産者の渡辺さん)

北陸地方の厳しい自然の中で何百年という時間をかけて育ち、何十年もの歳月をかけて乾燥させた国産の天然木から作られており、使い込むほど艶が出て、美しい木目の風合いが楽しめる一生ものです!

生産者の渡辺さんの木漆工芸は、「暮らしのためのデザイン」を提唱した工業デザイナー、著述家、教育者であった秋岡芳夫さんに深く認められ、雑誌「芸術新潮」「民芸」などに掲載された秋岡芳夫さんの著述のなかでも、渡辺さんの木漆工芸が紹介されています。


この道35年以上の匠が、庄川挽物木地伝統の木工ろくろを使い、天然漆を刷毛で手塗りして、丁寧に手作りした天然木漆器の逸品を、本場、富山県福光よりお届けします!

使い込むほどに、色艶が増す一生もの!

生産者の渡辺さんが、漆器作りの素材とする木は、北陸地方の厳しい自然の中で育ち、何十年もの歳月をかけて、じっくり乾燥させた良材なので、とても丈夫!
また、漆を塗った上に研磨と乾燥を繰り返す重ね塗りを、多い時は6〜8回も繰り返しているので、漆の剥離や割れなどが少なく、長い間、使い込むほどに色艶が増し、美しい木目の風合いが楽しめます。

雑誌「芸術新潮」でも、秋岡芳夫さんの著述の中で、
『渡辺さんは、木が育つのに要した年月を加えたら、数百年、あるいは千年の、自然と歳月が創りあげた良材で盆などを作るロクロ師です。…渡辺さんの商品は、100年、200年、いや500年は使わないと、生産と消費の感情が合わないのでは…』と紹介されています。

「使えば使うほど、手や食物の油を頂いて艶が出て滑らかになり、美しくなります。他の塗料は、買った瞬間が最も美しいものが多いですが、漆は、使い込んでいく年月にしたがって、素材の奥から出てくるような、深みのある光を放つんです。

一生、愛用できるものですから、素材を吟味し、手に心地よい形や重さも考え抜いて作っています。
」(生産者の渡辺さん)

この漆器は、ますます色艶を増しながら、末永く楽しめる逸品です!

ギフトに人気!お手入れ簡単、熱いものや油もの、酢の物もOK!

生産者の渡辺さんが作る漆器は、漆が何度も塗り重ねてありますから大変丈夫で、熱いものにも使えますし、また、油ものや酢の物などを入れても、まったく問題ありません。※むしろ、洗った後にも食べ物の油が少し残っているぐらいのほうが、漆器が長持ちします。

陶器に熱いものを入れると、器を持っている手も熱くなり、困ることがありますが、漆器は断熱効果が高いので、そんな心配は無用です!また、保温力もあるので、鍋物の取り皿として漆器を使うのもおすすめです。

そして、使い終わった後は、洗剤を使って水洗いができるので、お手入れも簡単!使い勝手◎の、ギフトにも人気の逸品です。

温かみのある、天然木と天然漆の風合い!

「木の器には、体温があるんですよ。」

そう話す渡辺さんの言葉通り、渡辺さんの漆器を手に取ると、天然木ならではの温かみが、手に優しくなじみます。

「また、漆も、人肌によく似た性質を持った天然塗料です。日常の器として、天然素材の風合いをお楽しみ頂ければ嬉しいですね。」
(生産者の渡辺さん)

国産の天然木から作られた漆器!

輸入品の漆器製品が多いなか、渡辺さんの漆器の素材とする木は、北陸地方の厳しい自然の中で育った国産の天然木なので、とても丈夫です!


「やはり日本で長く使うものは、日本の風土で育った木を使うのが安心だと思います。」(生産者の渡辺さん)

日本民藝館展 奨励賞はじめ、各賞を受賞した匠の天然木漆器!


生産者の渡辺さんは、分業が当たり前の漆器製作において、「作り手の顔が見えるものづくり」を目指し、原木選びから漆塗りまでを一貫して製作してきました。
現在、その高い技術が認められ、渡辺さんの天然木漆器は、日本民藝館展 奨励賞をはじめ、さまざまな賞を受賞しています。

「暮らしのためのデザイン」を提唱した工業デザイナー、著述家、教育者であった秋岡芳夫さんも、渡辺さんの漆器を高く評価し、雑誌「芸術新潮」でも、「ほれこんで使い続けている茶盆」として渡辺さんの漆器を紹介し、「150年をめどに使い込むつもり」と記しています。

・日本伝統工芸富山展 富山支部賞
・伝統的コンクール入選
・日本民藝館展 奨励賞
・富山県伝統的工芸品コンクール 銀賞

漆器の底部に渡辺さんの銘が入っています!


この漆器の底には、「わ」という渡辺さんの漆器であることを証明する銘が入っています!

庄川挽物木地 天然木漆器ができるまで。

渡辺さんが漆器の素材とする木は、北陸地方の厳しい自然の中で育ち、何十年もの歳月をかけて乾燥させた、欅や栃などの天然木
です。

それを、伝統的な木工ろくろを使って丁寧に手で挽き、天然漆を刷毛で手塗りし、木地作りから漆塗りまで、一貫して製作を行います。

(1)原木選び、木取り

渡辺さんの仕事は、原木を吟味して選ぶことから始まります。
丸鋸を使い、天然木の木材から必要な寸法の材料を切り取ります。

(2)荒挽き、乾燥

木取りして丸い形になった木材の中を、木工ろくろで荒挽きして、大体の形を作り、何十年も乾燥させます。渡辺さんの工房は、先代からの木地屋なので、10年〜30年、乾燥させた材料が存分にあります。

(3)ろくろ挽きに使う道具「バイト(カンナ)」の鍛冶作業

渡辺さんは、木地を木工ろくろで挽く時に使う道具、「バイト(カンナ)」も自分で作ります。炭火を起こし、鍛冶屋と同様な方法で、叩いて形状を整えます。

(4)ろくろ挽き

充分に乾燥させた木地を、木工ろくろで回し、バイト(カンナ)で挽いて形を作ります。

(5)漆塗り

天然漆のみを使い、刷毛による手塗りをします。
そして湿度と温度を一定にした漆風呂に、1〜2晩入れて乾かし、また漆を塗り重ねることを、最低5〜6回、繰り返します。

「私は、もともと木地師なので、透明感のある漆を用い、木の風合いを最大限に活かすことを心がけています。」(生産者の渡辺さん)

※木工ろくろとは?

陶芸のろくろは知っているけれど、木工ろくろって何?という方も、多いのではないでしょうか。
木工ろくろとは、木の塊を回転させながら、バイト(カンナ)で削る、庄川挽物木地伝統の道具です。

集中力を必要とする危険な作業である上に、それぞれの木の性質に合わせて力の入れ具合や技法を変えるので、熟練までには大変な年月を要します。
 

また、使用するバイト(カンナ)も既成品はないので、自分で作らなければなりません。
木工ろくろの難しいところは、数え上げればきりがないほどですね」
(生産者の渡辺さん)

渡辺さんの漆器は、まさに職人芸の賜物といえる逸品です。


庄川挽物木地と福光のろくろ工芸品とは?

古くから、北陸における木材の一大集散地であった富山の庄川町は、木工ろくろによる挽物木地の全国有数の産地です。

生産者の渡辺章司さん、博之さんが二代目、三代目を継ぐわたなべ木工芸は、創業より半世紀以上、福光の木地屋として、国から指定を受けている工芸材料、庄川挽物木地を生産し、原木選び、木取り、乾燥、デザイン、木地作り、そして漆塗りまでを一貫して製作しています。

「毎日、素材の材質感を充分に活かし、見て美しく、使って楽しい器作りに励んでいます。木のぬくもりにあふれた漆器を、生活の中に取り入れて頂いて、『消費生活』から『愛用生活』へ、心豊かな日常生活を送って頂ければ嬉しいですね。
」(生産者の渡辺さん)

「こんな漆器がほしい」…ご相談ください!



生産者の渡辺さんは、掲載商品に限らず、茶びつ、丸盆、木杯、小火鉢、茶托、銘々皿、菓子器、花生、カップ、椀、その他木工品など、幅広い漆器製品を製作しています。

「こんな漆器がほしい!」というオーダーメイドのご要望がありましたら、お気軽にお問合せください。各種記念品などのご注文も承ります。 order@1no1.jp

<取り扱いの注意点>

・普通のスポンジと洗剤で洗っていただいて大丈夫です。
 そして、普通の布巾で拭いてください。
・たわしや磨き粉は傷がつく事があるので使用しないでください。
・食器洗い乾燥機のご使用はできません。
・電子レンジ、オーブン等でのご使用はしないでください。
・お湯または水の中に長時間放置せず、なるべく早く水切してください。
・直射日光の当たらない所で保管してください。

もし漆のにおいが気になる場合は以下の事をお試しください。
・うすめた酢を柔らかいふきんにつけて漆器を拭く
・ぬるま湯に酢をほんの少し入れた中に1時間ほどつけておく
・米櫃の中に数日間入れておく

庄川挽物木地 天然木漆器 ミニコーヒートレー


価格:3,800円 + 税

※上記の「カゴに入れる」ボタンを押しても商品購入の決済とはなりません。
■発送予定期日:通常2週間以内に発送
在庫がない場合は2ヶ月以内に発送
■送料: 別途送料がかかります(送料について
■配送業者:クロネコヤマト
■お支払い方法代引/コンビニ/クレジットカード
■サイズ:幅 約22cm× 奥行 約15僉 漾々發機〔1.8
■重量: 
■返品・交換について:こちら
■お問い合わせ:takuminohako@gmail.com
お買い物の手引き
匠の箱によせられるよくある質問です。
FAX
bookmark

< 庄川挽物木地 漆器 >
庄川挽物木地 天然木漆器 コーヒーカップ(栃)・ソーサー(ケヤキ)
庄川挽物木地 天然木漆器 コーヒーカップ(栃)・ソーサー(ケヤキ)
庄川挽物木地 天然木漆器 フリーボックス
庄川挽物木地 天然木漆器 フリーボックス
庄川挽物木地 天然木漆器 ハツリ茶托5寸(栗) 5枚セット
庄川挽物木地 天然木漆器 ハツリ茶托5寸(栗) 5枚セット
庄川挽物木地 天然木漆器 ハツリぐいのみ(ケヤキ)
庄川挽物木地 天然木漆器 ハツリぐいのみ(ケヤキ)
庄川挽物木地 天然木漆器 布着せ平椀(ケヤキ)
庄川挽物木地 天然木漆器 布着せ平椀(ケヤキ)
庄川挽物木地 天然木漆器 スプーン(サクラ)(小)
庄川挽物木地 天然木漆器 スプーン(サクラ)(小)
庄川挽物木地 天然木漆器 パスタ皿(栃)
庄川挽物木地 天然木漆器 パスタ皿(栃)
庄川挽物木地 天然木漆器 茶托(栃)(5枚組)
庄川挽物木地 天然木漆器 茶托(栃)(5枚組)
庄川挽物木地 天然木漆器 内朱端反汁椀 けやき
庄川挽物木地 天然木漆器 内朱端反汁椀 けやき
庄川挽物木地 天然木漆器 ふた付きぐい吞み(ケヤキ)
庄川挽物木地 天然木漆器 ふた付きぐい吞み(ケヤキ)
庄川挽物木地 天然木漆器 ふた付きぐい呑み 背高(ケヤキ)
庄川挽物木地 天然木漆器 ふた付きぐい呑み 背高(ケヤキ)
庄川挽物木地 天然木漆器 5寸ボウル(栃)
庄川挽物木地 天然木漆器 5寸ボウル(栃)
庄川挽物木地 天然木漆器 平椀(栃)
庄川挽物木地 天然木漆器 平椀(栃)
庄川挽物木地 天然木漆器 角盆(ケヤキ)
庄川挽物木地 天然木漆器 角盆(ケヤキ)
庄川挽物木地 天然木漆器 蓋付小火鉢(ケヤキ)
庄川挽物木地 天然木漆器 蓋付小火鉢(ケヤキ)
庄川挽物木地 天然木漆器 五箇山鉈椀(ケヤキ)
庄川挽物木地 天然木漆器 五箇山鉈椀(ケヤキ)
庄川挽物木地 天然木漆器 ハツリ茶托4寸(栗) 5枚セット
庄川挽物木地 天然木漆器 ハツリ茶托4寸(栗) 5枚セット
庄川挽物木地 天然木漆器 尺1丸盆(ケヤキ)
庄川挽物木地 天然木漆器 尺1丸盆(ケヤキ)
庄川挽物木地 天然木漆器 タンブラー(ケヤキ)
庄川挽物木地 天然木漆器 タンブラー(ケヤキ)
生産者写真 何百年もの歳月をかけた天然木から生まれた、使い込むほどに、色艶が増す、一生ものの漆器です!ずっと身近に置いて愛用できるものですから、素材を吟味し、使いやすく、手に心地よい形や重さ、大きさを、いつも考え抜いて作っています。この漆器を生活の中に取り入れて頂いて、心豊かな日常生活を送って頂ければ嬉しいですね。
生産者紹介ページへ
匠の箱トップページへ 匠の箱トップページへ