匠の箱きせつとこうげい
facebook twitter
ようこそゲスト様

かあさん牛のおくりもの 飲むヨーグルト(オリゴ糖:500cc)2本セット 【磯沼牧場】

かあさん牛のおくりもの 飲むヨーグルト(オリゴ糖:500cc)2本セット 【磯沼牧場】商品写真
かあさん牛のおくりもの 飲むヨーグルト(オリゴ糖:500cc)2本セット 【磯沼牧場】

価格:1,776円 + 税

※上記の「カゴに入れる」ボタンを押しても商品購入の決済とはなりません。
■発送予定期日:受注後通常5日以内に発送
■送料: 別途送料がかかります(送料について
■配送業者:クロネコヤマト
■お支払い方法代引/コンビニ/クレジットカード
■サイズ:500cc × 2本
■重量:800g× 2本 (容器を含む)
■返品・交換について:こちら
■お問い合わせ:takuminohako@gmail.com

濃厚かつ爽やかな味わいの飲むヨーグルト

選び抜かれたジャージー牛のおいしいミルクと4種類の乳酸菌を使い、ゆっくり時間をかけて作られました。オリゴ糖を少な目に使用していますから、お腹に優しく、飲みやすくなっています。

ホモゲナイズせず、安定剤も添加していませんから、上質な牛乳の持つ、本当のおいしさを味わえます。

量より質を重視し、エサ、牛舎などの牛の育て方からミルクの質、発酵方法にもこだわり抜かれた、究極の飲むヨーグルトです。

※この商品の送料にはチルド便の料金が含まれております。

コクがあるのに、キレがある(笑)。

おそらくこのヨーグルトを飲まれた方はビックリされるのではないでしょうか。巷で売っているような、いわゆる飲むヨーグルトとは次元の違う濃厚な味わいです。

だからといってただ濃いだけのものではなく、素材のミルクの素晴らしさが口の中で一杯に広がる、飲むと口の中がヨロコブようなヨーグルトです。

フタを開けるとビンの口にはクリームがついているはず。それを取り出してパンに付ければ、酸味のあるクリームチーズのような味。「これはヨーグルトではない。チーズだ。」と言ったスタッフもいます。


腸に優しい乳酸菌。

気になる乳酸菌の数も、食品衛生法の規格の最低ライン、1000万個/mlの堂々100倍!だいたい10億〜20億個/mlも含まれています。ちなみに、大手の乳製品メーカーがが出しているヨーグルトはだいたい1億個/mlぐらいだそう。

最高記録は去年の3月、21億個/mlというのがあったそうです。ヨーグルトとしての品質を保つための限界は25億個/mlぐらいといわれていますから、もう限界に近いヨーグルトですね。

また、身体のためにと、ブルガリア菌、サーモフィルス菌、ビフィズス菌、アシドフィルス菌という4種類を組み合わせた、毎回新しい種を使って作っています。

種菌はその前に作ったヨーグルトからとるのかと思っていましたが、製造の都度新しく作っているそうです。「繰り返すと、何かの拍子に菌が変化することもありますし、4種のバランスが変わってしまうのを防ぐ」ためにそうしているそうです。ほんっとうに、細かいところまで心を砕いて作られているのです。

おいしさのヒミツは材料のミルクの違い、牛乳の違いは・・・

このヨーグルトを作る牧場はほとんど臭くありません。牧場につきもののあの牛糞のにおいがほとんどしないのです。

コーヒー工場やチョコレート工場からコーヒー・ココアのかすなどの生産副産物をもらってきて敷きワラとして使っているので、牧場にはコーヒーの香りが漂うことさえあります。

おかげで、牛とってはアロマテラピーを受けているような快適な環境になり、地域の人たちは臭くない。おまけに堆肥は発酵熱で80度くらいにまで上がって雑菌が減り、汚くない。コーヒーカスのおかげで堆肥の効果も高い。と、八方うれしい素晴らしい都市近郊牧場になっているのです。

お乳のもらい方にも一工夫。

「お乳がたくさん出過ぎると、ミルクが薄くなっちゃうんです。そうなると濃厚なヨーグルトにならない。お乳を搾り過ぎちゃいけないんです。」

だからこそ、牛に無理をさせないように大切に、飼料にも気を遣い、牛の体調を良くして、ミルクが濃くなるように濃くなるようにと育てているそうです。

「普通はいかに沢山お乳をだすか、いかに安く搾るか、でしょ。ウチは乳量は要らない。濃い乳が欲しい。ということでやって来たんです。どっちかっちうと、牛に無理をさせてない分だけ、コストがかかってる。(笑)」

そんな環境で、牛たちはのびのび育てられていますから、このヨーグルトは美味しいのです。

うんちく:牛の種類

このヨーグルトのミルクをくれているのはジャージー牛。身体が小さめで明るい茶色。目が大きくてとてもかわいい牛です。

ミルクはホルスタインに比べて乳脂肪分や全固形分が多く、やや黄色の濃厚でクリーミーな味わい。乳製品を作るのに最適の牛だと言われています。

乳量で比較すると
 ホルスタイン: 8000〜11000kg/年
 ジャージー牛: 4000〜7000kg/年

体重では
 ホルスタイン: 600〜700kg
 ジャージー牛: 400〜450kg と、大分違います。

ちなみに牛は、子供を育てるには、年間500リットルも出せば足りるそうです。それだけ牛は改良されてきているんですね。

牛は牛乳1リットルを出すのに、おっぱいの中を血液が500リットル流れる必要があるといいます。大切に味わってあげたくなりますね。

オススメの食べ方、賞味期限

そのままもちろん、100%のジュースなどと混ぜて健康ドリンクのようにしても美味しいです。

無糖ですから特に他のものとあわせやすくなっています。

非常に高品質なヨーグルトなので、他のものに負けず、ヨーグルトは本来こういうものなのだ!という味が楽しめます。

また、栄養たっぷり、乳酸菌が多くお腹にも優しいということで、病後に取られていたお客さんもいらっしゃるそうですよ。

賞味期限は14日間。出来立てを発送します!

お買い物の手引き
匠の箱によせられるよくある質問です。
FAX
bookmark
< 他サイズ >
かあさん牛のおくりもの 飲むヨーグルト(オリゴ糖:900cc) 【磯沼牧場】
かあさん牛のおくりもの 飲むヨーグルト(オリゴ糖:900cc) 【磯沼牧場】
生産者写真
おいしい乳製品を食べていただいて、本物の味を確かめていただきたいです。健康な牛からとれたミルクは本当においしいんですよ。
生産者紹介ページへ