facebook twitter
ようこそゲスト様
食
衣
暮
趣
他
生産者紹介 うるし工房錦壽
 
表の見方  1所在地 2名前 3店舗名 4職業 5おすすめ商品 6生年月日 7星座 8座右の銘
福井県
山岸厚夫さん
うるし工房錦壽
漆器職人
酒盃 刷毛根来 ジーパン風漆
1951/01/01
おひつじ座
 
うるし工房錦壽をブックマーク

私のこだわり

プロフィール
1951年、福井県鯖江市寺中町に生まれる。
1969年、商業高等卒業後、家業である「河和田塗り」の道を歩み、先代「山岸金重」より塗の河和田塗りに現代感覚を取り入れた新しさに挑戦し、創作活動を続けている。

山岸厚夫のうるし
20年程前に個展をした時、ピカッと光沢のある漆器をつくり、並べていました。お客様ほとんどの方が、入り口に入られてすぐに「手入れは?」「どんな布を使って磨くの?」など、とにかく扱いの質問をするばかりで、器の形や価格を見るのは二の次でした。
私は、もっと気楽に使える漆器を作りたいと考えました。まず最初にキズが付くのが怖いなら、最初からキズだらけにしてしまおうという逆転の発想です。つまり使い古した雰囲気を作るのです。
当時ジーパンを買うと新品の雰囲気が嫌でわざわざ洗濯してから使用し始めました。 つまりジーパン感覚の漆器です。
塗りあがった後にすごく細かいペーパーで全面を研ぎ、その後、拭き漆と言って漆を刷り込んで仕上げるようになりました、漆を刷り込むことにより、塗りあがりの表面より強くなり、爪をたてて引っかいても傷が付かないほどの硬い表面になりました。
次にお客様の心配はすぐ剥げるという不安です。
剥げるとは木地と塗りの密着が悪いまたは厚い漆塗りが欠けることと分かりました。木地と下地の密着は木地に最初、生漆を吸い込ませる木固めの工程をしっかりすることで剥離が少なくなりました。
また厚めの漆ですが、これは下地の工程の時に生漆と地の粉、との粉との混合配分によって異なる事がわかりました。丈夫さと混合比率を研究しました。すると漆が多い方が丈夫とわかったのですが、ヘラでは付けられないほど柔らかい下地漆が出来、刷毛で下地を塗ることにしました。刷毛で下地をしたら刷毛目が残ります、伝統工芸の世界では刷毛目は研いで平らにするのが基本ですが、あえて平らにする必要はないと考え、刷毛目も手の味と考えました。
匠の箱 倉田製作所
江戸本手打毛抜き
匠の箱 みちのく蔓工芸所
山ぶどう蔓バッグ
匠の箱 大矢製作所
純銅おろし金
匠の箱 エコアス馬路村
木のバッグ
匠の箱 中屋雄造鋸店
房州鋸
匠の箱 寺島保太良商店
京都金銀糸
匠の箱 淡路梅薫堂
線香
匠の箱 木曽木材工業
木曽さわらおひつ
匠の箱 柿渋Houseみます
柿渋染め寝具
匠の箱 豊田すだれ店
江戸すだれ
匠の箱 小宮商店
江戸傘
匠の箱 フジソウ
スウェット
匠の箱 富貴堂
鎚起銅器
匠の箱 福田刃物
カスタムナイフ
匠の箱 春日部張子
張子人形
匠の箱 砧工房
絹ぼかし染め
匠の箱 べっ甲屋田川
べっ甲
匠の箱 わたなべ木漆工房
漆器
匠の箱 うるし工房錦壽
刷毛目塗り
匠の箱 梶田象牙
象牙
匠の箱 末吉籃胎漆器
久留米籃胎
匠の箱 山田木綿
会津木綿
匠の箱 キャストプランニング
腕時計
匠の箱 柿芝農園
梅干し
匠の箱 磯沼ファーム
ヨーグルト
匠の箱 本田製麺
本田麺
匠の箱 白亜ダイシン
トマトジュース

生産者の横顔

個展
1988年 静岡県浜松市ギャラリー「汎」にて
1989年 東京都国立市ギャラリー「岳」にて
1990年 ホテルオークラ「メノワ」にて
1991年 山口県小郡町「土あそび」にて
1995年 大阪・高島屋にて
1995年 大阪ギャラリー「アートボックス」にて
1996年 横浜・高島屋にて
1996年 東京・日本橋 三越にて
1997年 山梨県富士吉田市「ナノ・リウム」にて
1997年 群馬県大泉町「時遊空間」にて
1997年 明石市「風来」にて
1997年 豊中市「アートボックス」にて
1997年 東京都狛江市「元々」にて
1998年 京都市北区「CN・ジャパン」にて
1998年 福岡市「ギャラリー・風」にて
1998年 島根県「おかや木芸」にて
1998年 備前市「衆楽館」にて
1998年 函館市「みのや」にて
1998年 小樽市「とんがらし」にて
1998年 群馬県前橋市「でくの房」にて
1998年 新宿・伊勢丹にて
1999年 沖縄「D’S ギャラリー」にて
2000年 銀座・三越にて
2000年 東京・青山「ギャラリーcomo」にて
2005年 New York「Michi Gallery」にて
    「Sushiden Gallery」
    「KORIN」
    「Fellissimo design house」

作家展
1992年 東京都立産業貿易センターにて25名の工芸作家による「暮らしの器展」を主催
1999年 銀座・三越にて「ぎゃらりぃ・う・の仲間たち」展主催

この生産者の商品一覧

  | 1 |
| 1 |
匠の箱トップページへ 匠の箱トップページへ