facebook twitter
ようこそゲスト様
食
衣
暮
趣
他
生産者紹介 玉堂窯元
表の見方    1 所在地 2 名前 3 店舗名 4 職業 5 おすすめ商品 6 生年月日 7 星座 8 座右の銘 
新潟県
細野利夫さん
玉堂窯元
陶器製造
ビールコップ 【窯変】
1953/04/09
おひつじ座
なし
玉堂窯元をブックマーク

私のこだわり

無名異焼とは、どういった焼き物なのですか?

「佐渡で取れる土を使った焼き物です。佐渡でしか取れんのですよ。常滑なんかも赤は赤ですけど、ちょっと違って。無名異焼の土は、民間療法か漢方薬かわからんのやけど、昔の人は粉末にして服用したり、やけどとか止血剤に使ってたみたいですね。あとは、中風とか、胃腸病。」(生産者の細野さん)

 −−それって、体にいい焼き物かも知れませんね。(笑)

無名異焼って、すごく固いですね?

「そう。土をものすごく細かいふるいにかけて、非常に細かい土だけを使って焼き上げます。土の粒子が細かいから、水分が抜けると、どんどん縮みます。乾燥させたものをまた焼きしめるから、最初に手でひねったのと比べると、3割くらいは縮むんです。だから、すごく固いですよ。指で弾くとチーンって、金属音がします。
でもね、使い込んでいくと表面のざらざらがこすれて、つやが出て来るんです。」

長くつき合うとそれだけ相手が応えてくれる。使っていくことに喜びが感じられる焼き物です。

お客さんへのメッセージを一言。

「まずは使ってみてください。実際使うと、良さがわりと分かってもらえるんじゃないかと。」(笑)

生産者の横顔

やわらかい気持の職人さん。

生産者の細野さんは、いつもニコニコ、とてもほがらかな方です。

大柄で、普通の男性よりも一回りも二回りも大きな手をしています。細かい細工の無名異焼を作っているとは信じられないほど。(失礼しました!)それなのに威圧感を感じさせません。

百貨店の実演販売でも人気者だそうで、あるお店では、細野さんを訪ねて毎日来るおばあちゃんがいらっしゃるそうです。ですが・・・

「まあ、毎日来てくれるんは良いんですけどね、毎日質問がおんなじで(苦笑)、毎日同じ事を説明させられるんですわ。(笑)」

 −−違う質問は来ないんですか?ちょっと辛いですね(笑)。

「でもまあ、なんなんでしょうかねえ。やさしい気持になっちゃってねえ、『おばあちゃん、それはねえ・・・。』って毎回始まっちゃう。(笑)」

細野さんからはいつも、ふんわかオーラが出ています。

(でも、写真で見ても分かるとおり、ろくろを回しているときの細野さんは真剣そのものです。)

焼き物師の夢

「今割と楽しいのが、世界中の地図をひろげて、ここにはどんな土があるか?って。そんなことばっかり考えてますよ。世界中の土を使って焼き物を作りたいんです。」

「いつかは!って思ってるから。それが夢なんですよ。」

 −−いつまでも向上心を忘れない職人さんなのであります。

この生産者の商品一覧

  | 1 |
| 1 |
匠の箱トップページへ 匠の箱トップページへ